映画「屍人荘の殺人」フル動画を無料視聴する方法は?神木隆之介主演のミステリー

屍人荘の殺人

今村昌弘のデビュー作「屍人荘の殺人」が新人作家としては異例の国内主要ミステリー賞4冠を達成してミステリー界に話題となりました。

奇想と本格ミステリーが見事に融合し、斬新なトリックの数々で日本中を驚かせた超話題作の映画化です。

ミステリー愛好会に所属する葉村譲(神木隆之介)と明智恭介(中村倫也)は自称ホームズとワトソンの関係性ですが、葉村はミステリー小説オタクなのに全く推理が当たらない万年助手という設定。

 

2020年3月現在:「屍人荘の殺人」は無料でフル動画視聴できません

created by Rinker
東京創元社
¥814 (2020/08/07 09:23:11時点 Amazon調べ-詳細)

映画「屍人荘の殺人」のフル動画を無料で視聴する方法はまだ映画館で上映されている関係もあり、動画配信サービスでも上映されていません。

ただ、小説やマンガに関してはU-NEXTという動画配信サービスで、マンガが1冊まで無料で読めたり入会してもらえる600円分ポイントで格安で小説を読むことは可能です。

登録して31日間は無料トライアルで利用できますし、無料期間内に解約すれば一切追加料金はかかりませんのでご安心ください。

▼無料で小説版・マンガ版の「屍人荘の殺人」を読むならこちら▼

今なら31日間無料トライアルで配信動画見放題(600円分ポイントプレゼント)

映画「屍人荘の殺人」の作品概要

 

あらすじ

神紅大学ミステリー愛好会のメンバーである葉村譲と明智恭介は、女子大生の自称「探偵少女」剣崎比留子に誘われ、同じ大学の映画研究会夏合宿に参加する。しかし、映画研究会はいわくつきで知られ、何かが起きることは容易に想像ができた。事実、肝試しに出かけた合宿初日の夜、思いも寄らぬ事態が発生し、葉村たちは合宿先である紫湛荘に立てこもらざるを得ない事態になってしまう。翌朝、紫湛荘の一室において映画研究会のメンバーの1人が他殺体となって発見される。恐怖に怯える学生たちだが、これはこれから起きる連続殺人事件の始まりにすぎなかった。

引用:Wikipedia

 

主な登場人物

神紅大学

  • 葉村 譲(はむら ゆずる) – 神木隆之介
  • 明智 恭介(あけち きょうすけ) – 中村倫也
  • 剣崎 比留子(けんざき ひるこ) – 浜辺美波
  • 進藤 歩(しんどう あゆむ) – 葉山奨之
  • 星川 麗花(ほしかわ れいか) – 福本莉子
  • 名張 純江(なばり すみえ) – 佐久間由衣
  • 高木 凛(たかぎ りん) – ふせえり
  • 静原 美冬(しずはら みふゆ) – 山田杏奈
  • 下松 孝子(くだまつ たかこ) – 大関れいか
  • 重元 充(しげもと みつる) – 矢本悠馬
  • 七宮 兼光(ななみや かねみつ) – 柄本時生
  • 出目 飛雄(でめ とびお) – 塚地武雅
  • 立浪 波流也(たつなみ はるや) – 古川雄輝

 

スタッフ

  • 監督 木村ひさし(ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」「民王」)
  • 脚本 蒔田光治(「TRICK」シリーズ「金田一少年の事件簿」)
  • 原作 今村昌弘『屍人荘の殺人』
  • 製作 臼井真之介
  • 製作総指揮 山内章弘

 

SNS(TwitterやInstagram)の声(ネタバレあり)

 

 

映画「屍人荘の殺人」の見どころ、感想

まず、この作品の最大の特徴はミステリーであるにも関わらずゾンビがでてくることです。かなり変則的ですし、予告詐欺でもありますので、その点を受け入れられるかでまず評価が分かれることになると思います。この驚きこそ作品の売りの一つではあると思いますが、ここで拒否反応が強過ぎると楽しむのは難しいかもしれません。
良い点としては役者さん達の演技。どの人物も個性的でいい味をだしています。特にヒロインの浜辺美波さんは可愛いし、面白いしで最高でした。逆に微妙だったのは原作のある話を2時間におさめるために色々と省略がされており、ミステリーとしての完成度を落としてしまったこと。キャラの設定上の深みが無くなってしまったことです。それと予告では主役格の一人にしか見えなかった中村倫也さんが序盤で死亡する役なので、彼のファンはがっかりするかと思います。(30代男性)

ーーーー

屍人荘の殺人を観る一番の楽しみは推理要素だと思います。犯人探しが出来るだけではなく、どういったトリックを使ったのか考えながら映画を楽しむことが出来る楽しさがあります。何でもないシーンだと思っていたシーンも、実は犯人と繋がっており楽しめます。
出演者も神木さんの演技がとてもリアルで、さすが神木さんだと思いながら楽しめました。ロールプレイングゲームを思わせる冒頭のシーンもインパクトがあり、楽しむことが出来ました。(50代女性)

ーーーー

予告がとっても気になる感じだったので、無理やり友達の女の子を誘って映画館で鑑賞。推理物が大好きなぼくだったので、湖畔のペンションで二人の探偵がいろいろ推理をぶつけあう作品だと思って、わくわくして出かけました。映画館で何度も流れていた予告編がそういう感じだったのですが、結果は見事に裏切られた感じです。しかも悪い方向に。原作はあえて読まなかったのですが、まさかほぼ半分以上苦手なゾンビ物だとは、誰が予想できるでしょう。
主人公曰く、正に“奇想天外”な仕掛けでした。それを一切感じさせない予告詐欺みたいにも感じました。探偵の対決どころか、すごくいい感じにキャラ付けされた探偵のひとりは最初に脱落するなんて・・・ゾンビも予算の関係か、昼間っからぞろぞろ動いているのがシュールすぎて、怖さも感じないしビミョーでした。あえていいところをあげるなら、主人公の少女探偵を演じた浜辺美波ちゃんの可愛さが完璧に表現されていたことぐらいでしょうか(活舌悪いのはご愛敬で)(40代男性)

ーーーー

見事な予告詐欺映画だった。劇場の予告では密室劇のミステリー映画だったのにも関わらず、蓋を開けてみればゾンビ映画。近年ではこの手法でアニメ「がっこうぐらし」が見事なフェイクを仕掛けて絶賛された。けれど、「屍人荘の殺人」はお金を出してミステリーを観に行ったのにゾンビ映画だったって、それは詐欺でしょう。お金を払ったのに、グロ耐性がない人はどうするんだという。「がっこうぐらし」もまんがタイム系のほのぼの作品かと思っていたところからの落差という意味では似たようなものだけれど、あちらはお金のかからない地上波。自分はコメディ部分がそこそこハマり、ゾンビ映画も好きなので悪くはなかったけれど、人によっては最低の一本になる映画。(30代男性)

ーーーー

とにかく、この映画は面白かったです。ミステリーでありながら、笑いをも入れているので非常に観ていて飽きが来ませんでした。また、探偵少女が出てくるのですが、その探偵少女役をしている浜辺美波ちゃんが物凄く可愛くまた面白いのでした。真面目に探偵をしているのかと思いきや、少しふざけてみたりと非常にコミカルなところもあり面白かったです。また、屍人とは言わばゾンビのことであり久々にゾンビを見たような気がしました。(40代男性)

 

まとめ:

史上初!ミステリー賞4冠達成の超話題作が待望の実写映画化!この冬、「前代未聞」のミステリー・エンターテインメントが開幕します。

 

▼無料で小説版・マンガ版の「屍人荘の殺人」を読むならこちら▼

今なら31日間無料トライアルで配信動画見放題(600円分ポイントプレゼント)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「U-NEXT」は初月600ポイントプレゼント
無料で映画を見る
「U-NEXT」は初月600ポイントプレゼント
無料で映画を見る