映画「男はつらいよ50 お帰り寅さん」フル動画を無料視聴する方法!シリーズお馴染みの面々が再集結

男はつらいよお帰り寅さん

男はつらいよ1作品目から50年目の「男はつらいよ」シリーズの記念すべき50作品目です。映画の オープニングには寅さんの大ファンである桑田佳祐が登場し、あの有名な主題歌「男はつらいよ」を歌い上げます。

 

 

映画「男はつらいよ50 お帰り寅さん」

「男はつらいよ」の過去作品を無料視聴するなら「U-NEXT」

男はつらいよ

この機会に「男はつらいよ」の過去作品が見たくなったという人にオススメなのが 「動画配信サービス」です。

動画配信サービスでは、約2週間~1ヶ月間無料でお試しできる期間が用意されています。つまり、無料期間に思う存分視聴して解約すると無料で見放題です。特にU-NEXTは31日間無料で、入会すると最初に600円分ポイントがもらえるので新作映画なども無料で視聴が可能なんです。

▼いますぐ無料視聴するなら下のリンクから申込み▼

初回31日間無料でU-NEXTをお試しする方はこちらから(600円分プレゼント)

 

映画「男はつらいよ お帰り寅さん」の作品概要

あらすじ

小説家の満男(吉岡秀隆)は、中学三年生の娘と二人暮らし。最新著書の評判は良いが、次回作の執筆にはいまいち乗り気に
なれないモヤモヤした日々。なぜか夢の中には、初恋の人・イズミ(後藤久美子)が現れ悩みだす始末。
そんな時、妻の七回忌の法要で実家を訪れた満男は、母・さくら(倍賞千恵子)、父・博(前田吟)たちと昔話に花を
咲かす。いつも自分の味方でいてくれた伯父・寅次郎(渥美清)との、騒々しくて楽しかった日々。あの寅さんへの想いが、蘇る―

引用:Youtube

 

主な登場人物

  • 渥美清
  • 倍賞千恵子
  • 吉岡秀隆
  • 後藤久美子
  • 前田吟
  • 池脇千鶴
  • 夏木マリ
  • 浅丘ルリ子

 

スタッフ

  • 原 作・監 督:山田洋次
  • 脚 本 :山田洋次 朝原雄三
  • 音 楽 :山本直純 山本純ノ介
  • 主題歌:「男はつらいよ」渥美清 / オープニング 桑田佳祐

 

SNS(TwitterやInstagram)の声(ネタバレあり)

 

 

 

 

 

映画を見た人の感想(あらすじ・ネタバレあり)

女性

国民的人気シリーズというのはみんなが認めると思いますが、私の年代だとみてる人は少ないかも・・私も何作品か見た程度でフアンというほどではありませんが、少し前にNHKの少年寅次郎をみて面白かったので見てみようかなと思いました。すでに亡くなっている渥美清さんを、どうやって新作の映画に登場させるのか興味がありましたが、ん~微妙ですね。寅さんに思い入れのある年代の方のは、懐かしく感じるのかな。私にとっては、歴代の名シーンがや回想シーンも、見たことがないので懐かしい気持ちはないですが、過去の作品も見てみようかなと思いました。でも49作全部は無理かな・・
話題作であることは確かですが、お勧めするほどではないです。

男性

久しぶりですね。寅さん!。いえ、お会いできませんでしたが。ただ、ゴクミ(後藤久美子)の及川泉さんとお会いできました。また続編の映画が公開されて欲しいですねー。せっかく、諏訪満男(吉岡秀隆)君が小説家になったんですから、そちらの物語を少し披露してもらって。寅さん「何かい!?昔、おじさんがご教授申し上げた恋のいろは、物書きになられて、ご披露を!?」。それなら、「ぼくの伯父さん」・小説版として欲しい!。私、「男はつらいよ」は、1989年12月公開の「ぼくの伯父さん」が一番好きなんです。佐賀の叔母さんの家の近所の神社の縁台にもたれかかって、満男を待つ美少女・泉が美しかったですねぇ。その時、腫れぼったい目をした自信のない青年が、今や!。
今作の「男はつらいよ お帰り寅さん」の見どころは、腫れぼったい目じゃなくなった、個性が薄くなり、目がパッチリした満男君が、いいお父さんになって、寅次郎伯父さんを懐かしみ涙をこぼす、ということ。「あー、穴があったら入りたいねー。伯父さんは今でも…」(寅さん)。妹のさくらさんが今でもとらやさんの2階の部屋を空けて待っている。ファンの心の中の寅さんは!?。年配者が映画館に。楽しいですよね。

女性

映画の中で寅さんが、あてもなく放浪している設定になっておりそのおかげで、おじいさんに寅さんはどんな姿で放浪しているんだろうと想像出来ます。満男が中心に話は進んで行きますが、満男たちの昔話を聞いているだけで寅さんが今もそこにいてまた好きな女の人が出来て振られてしまっているような気持ちになります。
サラリーマンだった満男が、小説家になっておりかつて好きだったいずみちゃんと再会します。満男が中心の物語でありながら、寅さんのファンが見ると最後には涙が出てしまう作品です。寅さんの名シーンを見る事が出来て、楽しむことが出来ます。人情という言葉があまり使われなくなった今だからこそ、見る事で忘れていた人情を思い出させてくれます。

 

まとめ:

第一作の公開から50周年となる2019年。そして第50作品目の「男はつらいよ お帰り寅さん」は新撮された登場人物たちの”今”を描く映像と、4Kデジタル修復されて蘇る寅さんのシリーズ映像が見事に紡ぎ合う、新たなる『男はつらいよ』の物語です。

 

▼いますぐ無料視聴するなら下のリンクから申込み▼

初回31日間無料でU-NEXTをお試しする方はこちらから(600円分プレゼント)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です