「ワンスアポンアタイムインハリウッド」DVD/ブルーレイレンタルや発売日はいつ?フル動画を無料視聴する方法

ワンスアポンアタイムインハリウッド.

ぬこ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のDVD/ブルーレイレンタル開始日や発売日などご紹介します。

 

映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のDVD/ブルーレイのレンタル開始日は?

DVDやブルーレイのレンタル開始日は「2020年1月10日」です。 2019年11月15日公開された映画ですが、約3ヶ月でDVD、ブルーレイのレンタルが開始されています。

しかし、わざわざTSUTAYAやゲオまでレンタルできるよう借りに行って全てレンタルされていたら結構ショックですよね。人気タイトルになるとレンタル開始されてから何度も行っても借りれないということはよくあります。

ネットで探しても違法にアップロードされた動画ばかりで無料で動画が視聴できるものにはウイルスが仕込んであったり、違法にアップロードされたものをダウンロードして見るとあなたも捕まる可能性があります。

また、そういった動画は広告ばかりで全て見れないものもありますし、画質が悪かったり字幕も吹替もない動画も多いのでまともに見れるとは思ってはいけません。

 

そこでオススメなのが、合法・安全に見ることができる動画配信サービスを利用することです。

 

特に「U-NEXT」なら入会して最初の31日間は会費が無料ですし、入会してもらえる600ポイントで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」を無料で視聴が可能です。

他にも様々な人気の映画やドラマ、アニメなどが見放題ですし、最新映画に関しても毎月もらえる1200ポイントを使って視聴が可能です。

▼無料で映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」を見るならこちら▼

今なら31日間無料トライアルで配信動画見放題(600円分ポイントプレゼント)

 

映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の作品概要

 

あらすじ

クエンティン・タランティーノ監督が、1969年のハリウッドを舞台に、古き良き60年代アメリカへの愛を描いたノスタルジック・エンタテインメント。有名な“シャロン・テート殺人事件”を背景に、復活を期す落ち目のTV俳優と、長年彼のスタントマンを務めてきた男の友情の行方を、虚実を織り交ぜつつ郷愁あふれる筆致で描き出す。主演はこれが初共演となるレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピット。ヒロインのシャロン・テート役にマーゴット・ロビー。落ち目のTV俳優リック・ダルトンは、なかなか復活の道が拓けず焦りと不安を募らせる。情緒不安定ぎみな彼を慰めるのは、リックのスタントマンとして公私にわたって長年支えてきた相棒のクリフ・ブース。固い絆でショウビジネスの世界を生き抜いてきた2人だったが…。

引用:TSUTAYA

 

主な登場人物

  • リック・ダルトン:レオナルド・ディカプリオ
  • クリフ・ブース:ブラッド・ピット
  • シャロン・テート:マーゴット・ロビー
  • ジェイ・シブリング:エミール・ハーシュ
  • プッシーキャット:マーガレット・クアリー

 

スタッフ

  • 監督:クエンティン・タランティーノ
  • 製作:デビッド・ハイマン、シャノン・マッキントッシュ、クエンティン・タランティーノ
  • 製作総指揮:ジョージア・カカンデス、 ユー・ドン、 ジェフリー・チャン
  • 脚本:クエンティン・タランティーノ

 

映画レビューサイトの評価

※0.5刻みのため四捨五入しています

SNS(TwitterやInstagram)の声(ネタバレあり)

 

映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の見どころ、感想

男性

この映画は哀愁があって非常に良いと思います。例えば過去の映画界をテーマにしていて面白いと感じました。また売れないハリウッドスターとスタントマンのコンビネーションが面白かったです。

私はタランティーノ監督の映画が好きでイタリア映画に似ていると思います。今作もイタリアの西部劇を彷彿させる要素がありました。
またブラッドピットのスタントマンが非常にユニークな存在でした。見所はそのスタントマンが後半から一気に存在感を強めるところです。タランティーノ監督の暖かさをも感じる映画でした。

女性

ハリウッドを代表するイケメン名優2人の夢のような共演にタランティーノ監督、絶対見たいと劇場へ足を運びました。とにかくリックとクリフの友情が素晴らしかったです。特に俳優として陰りが見えかけたリックを支えるクリフ、顔だけではなく人間性に惚れ惚れしました。
シャロンテート事件をどういう形で映画に取り入れるのかが心配でしたが全くの取り越し苦労、とても可愛いシャロンの笑顔がラストまで見られ幸せな気持ちになりました。そしてもう1つ、自分にとって大きな見どころだったのはルークペリー。ディカプリオもブラピも、タランティーノも憧れたビバリーヒルズ高校白書のディランです。残念ながらこの作品が遺作となってしまい悲しみもありますが、映画に残した彼の存在感は永遠に生き続けると思います。
タランティーノ作品にしてはちょっとアクション系が控え目でしたが、彼の新しい魅力も見えた感じがします。最初から最後まで見どころ満載でラストの後味も良い、大好きな映画作品の1つになりました。

男性

タランティーの作品にまた、新しい歴史となるといっても過言ではない作品だったと、個人的には思います。

映画の序盤は、コメディー映画なのかと感じさせられる展開が続くのですが、ラストのある事件に向けて、脚本がかなり練りこまれており、多くの方がラストには驚かされるかと思います。

序盤には、ラストを示唆する複線が上手にちりばめられており、映画を見終わった後にもこれまでとは違う不思議な感覚になりました。いずれにせよ、タランティーのファンはもちろんこれまでタランティーの作品を見たことのない方におススメできる作品に仕上がっています。

女性

実際の話を元にした映画だったが、その事件を調べてもなんだかよく理解できなかった。この映画で言いたいメッセージがわからなかった。エンタテイメントの業界で生き抜いていくにはなりたい自分でなく、なれる自分になることが求められる。

理想と現実は違う、ということを言いたかったのか。とりあえず、ブラッド・ピットのアクションや笑顔、身体がすごく綺麗でよかった。ヒッピーの若者たちのシーンも意味があったのかよく分からず、全体的に微妙だった。

 

 

▼無料で映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」を見るならこちら▼

今なら31日間無料トライアルで配信動画見放題(600円分ポイントプレゼント)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「U-NEXT」は初月600ポイントプレゼント
無料で映画を見る
「U-NEXT」は初月600ポイントプレゼント
無料で映画を見る