「フォードvsフェラーリ」DVD/ブルーレイレンタルや発売日は?フル動画を無料視聴する方法も

フォードvsフェラーリ

ぬこ

「フォードvsフェラーリ」のDVD/ブルーレイレンタル開始日や発売日などご紹介します。

全米初登場で第1位。映画批評サイトRottenTomatoesでも驚異の92%FRESHという高評価をで本年度のアカデミー賞では4部門ノミネートされています(作品賞・編集賞・録音賞・音響編集賞)

 

映画「フォードvsフェラーリ」のDVD/ブルーレイのレンタル開始日は?

DVDやブルーレイのレンタル開始日は「未定」です。 2020年1月に公開されたばかりの映画ですが、最近の映画は最短約3ヶ月でDVD、ブルーレイのレンタルが開始されています。つまり、2020年4月~5月頃という予想です。

 

フォードvsフェラーリのサウンドトラックは発売が開始されています。DVDやブルーレイのレンタル開始日や発売日は童子というケースが多く、動画配信に関してはディスクがいらないのでレンタルより早かったりします。

 

レンタルが開始されて、わざわざTSUTAYAやゲオまでレンタルできるよう借りに行って全てレンタルされていたら結構ショックですよね。人気タイトルになるとレンタル開始されてから何度も行っても借りれないということはよくあります。

ネットで探しても違法にアップロードされた動画ばかりで無料で動画が視聴できるものにはウイルスが仕込んであったり、違法にアップロードされたものをダウンロードして見るとあなたも捕まる可能性があります。

また、そういった動画は広告ばかりで全て見れないものもありますし、画質が悪かったり字幕も吹替もない動画も多いのでまともに見れるとは思ってはいけません。

 

そこでオススメなのが、合法・安全に見ることができる動画配信サービスを利用することです。

 

特に「U-NEXT」なら入会して最初の31日間は会費が無料ですし、入会してもらえる600ポイントで最新映画を無料で視聴が可能です。

他にも様々な人気の映画やドラマ、アニメなどが見放題ですし、最新映画に関しても毎月もらえる1200ポイントを使って視聴が可能です。

▼無料で最新映画を見るならこちら▼

今なら31日間無料トライアルで配信動画見放題(600円分ポイントプレゼント)

 

映画「フォードvsフェラーリ」の作品概要

 

映画レビューサイトの評価

※0.5刻みのため四捨五入しています

 

あらすじ

レーシングドライバーのキャロル・シェルビーは、1959年のル・マン24時間レースで優勝する栄光に輝いたが、そこからほどなく心臓病のためにキャリアを終える。引退後は自らの理想のスポーツカーを作るためにシェルビー・アメリカンを設立し、多数のセレブリティを顧客に抱え、経営者兼カーデザイナーとして成功したが、心の中ではレースを渇望していた。イギリス人レーサーのケン・マイルズ(英語版)は、第二次世界大戦の終結後イギリス軍を除隊すると、家族とともにアメリカへ移住し、自動車整備工場を経営しながらレースに参戦していた。レーサーのマイルズが整備する車は一般人には扱いにくい品質になり、マイルズ自身の偏屈な性格もあいまって経営はラクではなかったが、純粋に車を愛するマイルズは妻のモリーと息子のピーターから敬愛され睦まじい家庭を築いていた。

あるレースの現場でマイルズと出会ったシェルビーは、会話の流れからマイルズを挑発してしまい、怒ったマイルズからスパナを投げつけられる。しかしレースでは、マイルズは巧みなレース運びを見せ、そして冷静な判断と果敢な追い抜きで最終周回にトップを奪い優勝。シェルビーは、観戦している自分と同じタイミングで同じ判断をしたマイルズの優秀さを認め、投げつけられたスパナを持ち帰ると、オフィスにそれを飾った。一方、レースには優勝したマイルズだが、税金の滞納から整備工場を差し押さえられてしまう。レーサーとしてももう若くない40代半ばの年齢もあり、家の差し押さえまでは避けるために、レースをやめて地道に働くとモリーに告げる。

引用:Wikipedia

 

主な登場人物

  • キャロル・シェルビー:マット・デイモン
  • ケン・マイルズ:クリスチャン・ベール
  • リー・アイアコッカ:ジョン・バーンサル
  • モリー・マイルズ:カトリーナ・バルフ
  • ヘンリー・フォード2世:トレイシー・レッツ

スタッフ

  • 監督:ジェームズ・マンゴールド
  • 製作:ピーター・チャーニン、 ジェンノ・トッピング、ジェームズ・マンゴールド
  • 製作総指揮:ケビン・ハローラン、デーニ・バーンフェルド、マイケル・マン
  • 脚本:ジェズ・バターワース、ジョン=ヘンリー・バターワース、 ジェイソン・ケラー

 

SNS(TwitterやInstagram)の声(ネタバレあり)

映画を見た人の感想(あらすじ・ネタバレあり)

女性

アカデミー賞有力候補、すでに見た人の感想は絶賛するものばかりと、かなり期待していました。上映時間は2時間半と劇場内の気温に寄っては、途中でお手洗いに行きたくなるのではと心配もありつつ見に行ってきました。特別車好きでない女性は見に行こうと思わないかもしれませんが、女性にこそ、ぜひ見に行ってほしい一本だと思いました。キャロル・シェルビーとケン・マイルズの男同士の熱い友情や、大企業の役員の忖度に巻き込まれるなど、そのあたりの面白さは他の方も多く述べていると思います。

私が女性にこの映画をおすすめする理由は、ケン・マイルズの奥様の懐の広さです。すべての女性に見習うべき点があると、声を大にして言います。いつまでも夢を追いかけ、少年のように生きる男性と、どっしりと構え、静かに支える奥様の図。殴り合いの喧嘩(というじゃれ合い)を、雑誌を読みながら見守る奥様のシーン、一度目のル・マン出場のチャンスを逃し、ラジオで動向を聞きながら作業するケンにビールを差し入れし、チークダンスするシーンなど、奥様の出番は少ないながらも、そのインパクトは絶大です。私もそんな立派な奥様になりたい、見習いたい、きっとこの映画を見た女性陣はそんな思いに駆られるはずです。

女性

車も映画も好きなので楽しみにしていましたが、期待以上でした。イタリアのフェラーリの洒落がきいたところと、当時のフォードの量産であか抜けないところが誇張されていてそこも車好きなら楽しめると思います。

タイトルはフォードVSフェラーリですが、友情のストーリーです。職人気質のケンとその仲間であり統括する立場にあるシェルビーの普遍的な友情に当時のルマンのレースの臨場感、ケンの家族のあたたかさなどが相まってこれは不朽の名作になること間違いないです。

男性

映画のタイトルだけを見ると、カーレースのアクション映画を連想される方がほとんどかもしれませんが、この映画のみどころは、レースに至るまでのそれぞれの人間が織り成すドラマにあります。レースのシーンの映像は、ピード感と迫力があり、見ていて思わずのめりこんでしまう仕上がりですが、レースにいたるまでのドライバーの家族の問題にも光を当てており、単なるアクション映画とはまったく違います。性別に関係なく楽しみ方がある映画だと思いました。

男性

この映画を見て車が対決するものではないと思いました。また実際にフォードとフェラーリ側に対して、もっと深く背景を描けたと感じました。

個人的には俳優が良かったので面白い映画でした。しかしそれは演技力や個性に影響を受けたものです。マイルズとシェルビーの対立や葛藤は見所の一つでした。また良かった部分がマイルズが家族を深く愛していたことです。それでレースに情熱を出すので素直にカッコ良いと思いました。タイトルに固執しなければ普通に良い人間ドラマの映画でした。

女性

とにかく迫力満点のスピーディーな映画です。カーレースの緊迫した緊張感も味わえる。是非映画館か、大型のスクリーンで観たい映画です。スリル満点のカーレースが行なわれるので、男女関係なく年齢層も幅広く楽しめる映画です。また、音楽もかっこ良くロック調のものが多く、何度みてもストレス発散できる映画でいつも見終わると爽快な気分になるので、気分が落ち込んでる時や、明日プレゼン発表がある時など気合いを入れたい時などに観る映画のひとつです。

 

 

▼無料で最新映画を見るならこちら▼

今なら31日間無料トライアルで配信動画見放題(600円分ポイントプレゼント)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「U-NEXT」は初月600ポイントプレゼント
無料で映画を見る
「U-NEXT」は初月600ポイントプレゼント
無料で映画を見る