ティンカーベルと月の石について

ティンカーベルと月の石は2009年公開のアニメ映画です。

日本では2009年12月23日のクリスマスイブの前日に公開され、2010年にはニンテンドーDS「ティンカーベルと月の石」としてゲーム化もされています。

 

ストーリー

妖精たちの棲むピクシーホロウは、秋の到来を祝う「秋の祭典」の準備に取り掛かっていた。

ティンカー・ベルは、クラリオン女王と秋の大臣から月の石を納める聖なる杖を作ることを任された。しかし、テレンスと口論したはずみに完成間近だった聖なる杖を壊してしまう。その後、妖精の粉を生み出すための大切な宝物である月の石まで壊してしまう。壊れた月の石を復活させるため、インカンタの魔法の鏡を探しにティンカー・ベルは旅に出る。

引用:Wikipedia

第2弾の月の石は「秋」がテーマの映画となっています。月の石を収める聖なる杖の作成を任されたティンカー・ベルは完成間近で聖なる杖を壊してしまい、大切な月の石まで壊してしまいます。

壊れた月の石を復活させ秋の祭典に間に合わせるため、インカンタの魔法の鏡を探しに旅に出るティンカー・ベルの物語となっています。

 

主な登場人物

ティンカー・ベル(主人公)

ものを作る才能を持つ妖精。仲間たちにはティンクという愛称で呼ばれています。性格は頑固で短気な一面もありますが、いつも元気いっぱいでチャーミングなところがある愛らしい妖精です。

シルバーミスト

水の妖精です。とても陽気でユニークな楽天家。とても自由な精神の持ち主で頭で考えるよりも心の声に耳を傾けています。おおらかな性格でいつも誰かを喜ばせることを考えており、みんなと友達になりたいと思っています。

引用:Disneyキッズ

 

ティンカー・ベルシリーズ

  1. ティンカー・ベル
  2. ティンカー・ベルと月の石
  3. ティンカー・ベルと妖精の家
  4. ティンカー・ベルと輝く羽の秘密
  5. ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船
  6. ティンカー・ベルと流れ星の伝説

 

「ティンカーベルと月の石」は“ティンカー・ベル”シリーズ第2弾です。ディズニーが製作した長編アニメ映画「ピーター・パン」に登場する妖精「ティンカー・ベル」をベースとしてスピンオフ作品として2008年に第1弾が製作されました。

ティンカー・ベルがとても好評だったため、続編として第1弾が春の物語でしたので続編は四季をテーマに描いたシリーズとなります。

これまでに「春」をテーマにした第1作『ティンカー・ベル』、「秋」をテーマにした第2作『ティンカー・ベルと月の石』、そして「夏」をテーマにした第3作『ティンカー・ベルと妖精の家』、「冬」をテーマにした第4作『ティンカー・ベルと輝く羽の秘密』と続き、『ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船』ではピーターパンでおなじみのキャラクターが登場します。

第1弾と第2弾に関しては日本でも劇場公開されましたが、第3弾以降に関しては残念ながら劇場公開はされずDVDのみ発売となっています。