チャイルドシートは助手席でもいいの?

チャイルドシートの取扱説明書を見ると助手席はエアバッグがあるので使用を避けてください。と書いてあるかと思います。

 

法律上、助手席にチャイルドシートをつけるのは違法ではないのですが、助手席につけると様々な危険があります。

 

  • エアバッグが子どもにとって危険
  • 事故の際、助手席は危険
  • 子どもが気になってわき見運転してしまう

 

エアバッグが子どもにとって危険

最近の車であれば助手席にもエアバッグがついているかと思います。もし事故などでエアバッグが作動した場合、子どもにとって非常に危険なのをご存知ですか?

 

新生児〜1歳まで後ろ向きでチャイルドシートを付けることになると思うのですが、これが一番危険です。もしエアバッグが作動したらエアバッグがふくらんでいる途中に後頭部あたりに非常に強い衝撃が当たります。これってとても怖いですよね。

 

エアバッグはなんと100km/h〜300km/hで展開されるそうです。そんな衝撃が1歳未満の子どもに当たったら大変なことですよね。

 

ですので、チャイルドシートは絶対に助手席にはつけないほうがいいと思います。

 

事故の際、助手席は危険

交通事故のときにエアバッグが展開したら危険だということに加えて、一般的に助手席が死亡率が高いんです。

 

交差点を右に曲がる場合に直進してきた車が当たる場所として考えられるのは助手席や左後部座席ですよね。正面衝突しようとしたときに運転手はとっさに避けようとハンドルを切ります。しかも右に切ることが多いようでその場合助手席が危険になります。

 

ですので、助手席に子どもを乗せるということは非常に危険です。逆に安全なのは運転席の後部座席ということが分かっています。ですので、子どもを乗せたり降ろしたりしやすい運転席の後ろにチャイルドシートを取り付けたほうがいいと思います。

 

子どもが気になってわき見運転してしまう

車に乗っているとき絶対機嫌が良いわけありませんよね。時には機嫌が悪くてグズったり泣き叫んだりすることは良くあることです。そのときに助手席に座っていたら機嫌をなだめようと手を使ったりしますよね。そうなるとわき見運転になりやすく事故を起こしやすくなり非常に危険です。

 

わき見運転が原因でブレーキが遅れて速い速度のまま停止中の車に突っ込んだら大変なことです。

 

チャイルドシートは後部座席につけて泣き止まないときは安全な位置に車を停止して泣きやませるということが一番安全ですし子どものためでもあります。

 

>>おすすめの新生児用チャイルドシートランキングはこちら