チャイルドシートっていつまでつけなきゃいけないの?

女性

チャイルドシートの着用義務化は2000年4月1日から着用が義務化されました。チャイルドシートはいつまで付けなきゃいけないの?って思いますよね。使用の義務付けは6歳未満までの幼児となっています。

 

チャイルドシートは6歳になるまで着けなくてはいけない

 

というのも普段車を乗るときにつけているシートベルトは身長140cm以上の人がつけた場合に正常に作動するために小さい幼児が直接座ってもベルトが首のあたりにかかるなど非常に危険な状態で乗る事になります。

 

3歳くらいまではチャイルドシートを

チャイルドシート

3歳頃まで使えるチャイルドシート。赤ちゃんを優しく守ります。

 

無事出産して母子ともに退院して車で帰るときにはチャイルドシートが必要ですよね。首が据わっていない赤ちゃんをしっかり優しく守ってくれるチャイルドシートは3歳の頃まで使えるタイプが一番経済的です。

 

すこし大きくなってくるとクッションシートを外して体型に合わせていけば3歳になるまで使用可能です。最近では車にも取り付けやすいチャイルドシートが増えていますしどんどん軽量化されています。

 

使用後は次に生まれてくる子どもに残しておいてもいいですし、ネットオークションなどで売ってもいいかと思います。

 

チャイルドシートを嫌がる3歳頃になったら

実際うちの子も3歳くらいになるとチャイルドシートは嫌がることがありました。そのときはチャイルドシートではなく、ジュニアシートというものを付けてあげました。

 

ジュニアシート

背もたれ付のジュニアシート。ヘッドサポート付で頭を保護してくれます。

 

このタイプは背もたれを外すこともできますので6歳になったら背もたれを外して下の椅子だけ使うこともできます。背もたれ付でも軽いですし、車のシートに乗せるだけで固定する必要がありません。

 

最近でも保育園に通うくらいの年齢の子どもでもシートベルトすら着用していない車を見かけることがあります。非常に危険です。1万円以下とそんなに高くないのでチャイルドシートを卒業した3歳くらいになったらこちらのタイプをおすすめしています。

 

6歳になってもジュニアシートを使いたい

ジュニアシート

3歳頃から使えるジュニアシート。11歳頃まで長く使えます。

 

実は、小学校6年生の平均身長が146cmのため、写真のようなジュニアシートという座高を底上げするシートを小学校の間は着用した方が安全という認識を持っていて欲しいと思います。

 

もしチャイルドシートをつけていなかったら・・・

嫌がってグズるのでという理由でシートベルトさえ着用していない車もたまに見かけますが、非常に危険です。もし車が事故で衝突した場合ガラスから子どもが道路に飛び出してしまう可能性が非常に高くなります。

 

しかも、車から飛び出して他の車にひかれて死んでしまう事故もニュースなどで見ることもあります。非常に悲しい事故です。

 

もし、シートベルトをつけていれば。チャイルドシートをつけていれば。。。

 

そのような悲劇を起こさないためにもしっかりチャイルドシートを使って大切な子どもの命を守ってあげて欲しいと思います。

 

>>おすすめの新生児用チャイルドシートランキングはこちら